1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「保育博2022-保育・教育ビジネス&サービスフェア-」11月21日・22日に開催

2022年9月21日

「保育博2022-保育・教育ビジネス&サービスフェア-」11月21日・22日に開催

保育博実行委員会は「保育博2022-保育・教育ビジネス&サービスフェア-」を11月21日・22日に東京国際フォーラムで開催する。

「保育博2021」での商談の様子(左)とセミナー会場(右)

保育博は、多様化する保育園、幼稚園、こども園のニーズに応える保育ビジネスの国際見本市。今年は9月現在で170社の出展が決定しており、パワーアップした内容で園経営者、保育従事者や購買担当者、業界関係者を迎える。

保育の現場で役立つ最新サービスや商材などを紹介する展示エリア以外にも、業界著名人による「主催者特別セミナー」、日々の業務に直結する「エデュケーショナルセミナー」、自社製品やサービスを掘り下げる「出展者プレゼンテーション」計25本を届ける。

事前予約は不要。保育園・こども園の増加に伴う差別化が進むなか、今年は「人材育成」「個別最適化」「ESD」「地域との連携」をキーワードに、多様化した内容に注目が集まっている。また、「ベビーテックアワード2022」の授賞式および受賞者プレゼンテーションが11月21日(月)12:00から開催され、会場には妊娠妊活、出産、乳幼児の子育てを支援するさまざまな商材やサービスが一堂に会する。

また、同見本市の開催前に業界著名人による無料セミナーを全2回配信する。
10月7日(金)14:00~15:00に「子どもたちだけじゃない、保育者の主体性が輝く園づくりとは?」を、11月8日(火)14:00~15:00に「選ばれない園がたった1年間で超人気の園に変わった理由」を実施する。

関連URL

「保育博」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス