1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」、来年4月から無料プラン開始

2022年10月4日

学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」、来年4月から無料プラン開始

スタディプラスは3日、同社の教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」を2023年4月に大幅リニューアルし、無料プランの提供を開始すると発表した。

無料プランでは、新機能として搭載するAIドリルを生徒に配信できる「教材配信システム」と、現在提供中の「教室管理システム」を無償提供する。

大幅リニューアル後の新しい「Studyplus for School」のコンセプトは、「デジタイゼーション」(Digitization)、「デジタライゼーション」(Digitalization)、「デジタルトランスフォーメーション」(Digital Transformation)の3つ。

デジタイゼーションでは、入室記録、出席記録、面談記録、生徒家庭連絡など、教育機関がこれまでアナログで管理していた情報をデジタル化する。

デジタライゼーションは、生徒への課題や宿題の配信、学習進度表の配信など、教育機関がこれまでアナログで実施していた業務をデジタル化。また、デジタルトランスフォーメーションは、あらゆる学習ログを一元化・可視化し、教員の業務負荷を軽減しながら、生徒一人ひとりの学びを個別最適化する。

無料プランでは、「デジタイゼーション」「デジタライゼーション」に対応する機能を無料で利用できる。

現在、「Studyplus for School」では「教室管理システム」と「学習管理システム」を有償提供しているが、リニューアル後は、「教室管理システム」と、新たに対応を開始する「教材配信システム」を合わせて無償提供する。

また、リニューアルにあたって、10月3日~2023年3月31日まで、「教室管理システム」「教材配信システム」「学習管理システム」をすべて無料でトライアルできる。さらに、10月5日~10月31日にかけて、平日毎日2回にわたって無料のオンライン説明会を開催する。(11月以降も随時開催予定)

【無料プランの概要】
①「教室管理システム」の無償提供:
今まで有償提供していた「教室管理システム」を無償提供。生徒の入室、出席、予定、成績などの管理や、保護者・生徒との連絡など、多岐にわたる業務をデジタル化できる
②AIドリルを生徒に配信できる「教材配信システム」に新たに対応・無償提供:
教師のオリジナル教材や市販教材を生徒に配信する機能を新たに搭載。AIが生徒一人ひとりの定着状況に合わせて問題を配信し、生徒は効率良く学習できる(生徒の学習記録を教師側の画面で閲覧する機能は有料プランになる)

「無料オンライン説明会」の詳細

関連URL

「Studyplus for School」

スタディプラス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス