1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」、通信制のクラーク記念国際高校が導入

2022年3月10日

学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」、通信制のクラーク記念国際高校が導入

スタディプラスは9日、同社の教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」が、広域通信制「クラーク記念国際高校」の全日型・通信型コース生に、2022年度から導入されることになったと発表した。

同プラットフォームは、生徒の日々の学習進捗を可視化し、教師のオフライン及びオンラインのコミュニケーションを支援する。現在、学校や学習塾をはじめとした教育機関1000校以上が導入。

同校は、創立30年で、全国・海外に50箇所以上の拠点を持ち、約1万人の生徒が在籍。過去6万人以上の卒業生を輩出している。

同校では、全日型コースに先駆け、オンラインを中心とした通信型コース「スマートスタディコース」で、2020年10月に5キャンパス、2021年4月に19キャンパスで同プラットフォームを導入し、生徒の個別最適化指導を推進してきた。

その結果、生徒の学習意欲の向上・習慣化、教師の働き方への効果があったことなどから、2022年度から導入規模を全日型・通信型コース生に拡大することを決めた。

同プラットフォームの導入で、同校の生徒一人ひとりに付く各コースの担任は、可視化された学習ログを元に、生徒一人ひとりに合わせた指導が可能になった。また、日々活用する生徒からも、「学習ログが付けやすい」などの声が出ているという。

同プラットフォームは、生徒との面談記録や日々のコミュニケーションをカルテ機能で共有・蓄積でき、担任だけでなく、キャンパスの教師全員が、生徒の課題や状況をいつでもオンラインで確認できるようになった。

その結果、これまで毎週実施していた、生徒の情報共有を目的とした定期MTGを廃止し、教師の働き方改革にも効果が出たという。

関連URL

「Studyplus for School」

クラーク記念国際高校

スタディプラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス