1. トップ
  2. 学校・団体
  3. クラーク記念国際高校×スマートニュース、「メディアリテラシー」テーマの産学共同授業を開始

2022年10月6日

クラーク記念国際高校×スマートニュース、「メディアリテラシー」テーマの産学共同授業を開始

広域通信制のクラーク記念国際高校は、スマートニュース社のシンクタンク「スマートニュース メディア研究所」と連携して、「メディアリテラシー」をテーマにした産学共同授業を、10月12日から開始する。

この授業は、2021年度に設置された同校の「スマートスタディコース」首都圏のキャンパス(東京・横浜・千葉・さいたま・厚木・柏)で実施。

メディアリテラシーとその根幹となるクリティカルシンキングを身に付けることで物事の本質を見極め、社会に出ても活躍できる人材育成を目的としたプロジェクト型授業で、期間は2023年2月まで。

スマートスタディコースは、オンラインと通学を組み合わせ、一人ひとりに合った学び方を提供する同校の新しいコース。自ら問題を発見し解決する能力を養うための学び「PBL=ProjectBased Learning」を柱に、様々な企業と連携した授業を展開する。

今回の産学協同プロジェクトは、この「PBL」の探究学習プログラムの1つとして実施。メディアにおける知識や情報の捉え方が多様であること、氾濫する情報への向き合い方や情報精査の方法をワークショップ形式で学び、様々なアプローチからデジタル時代を生き抜くための論理的思考、クリティカルシンキングを身に付ける。

また、インターネットメディア協会(JIMA)とも授業を連携。同協会から、講師として元TBSアナウンサーでジャーナリストの下村健一氏が参加。NewsPicks Educationを活用して、同協会に所属するメディア関係者とともにニュースを楽しむ。生徒自身が考える「理想の情報」についてのプレゼンも実施予定。

同校は、「Boys,Be Ambitious!」で知られるクラーク博士の精神を教育理念に受け継ぐ教育機関として1992年に開校。北海道深川に本校を設置し、全国50を超えるキャンパスで1万人以上が学んでいる。

通信制でありながら全日制と同様に毎日制服を着て通学して学ぶ「全日型教育」という新たな学びのスタイルを開発・導入。カリキュラムの柔軟性を生かし、生徒のニーズに合わせた様々な特徴ある授業を行っている。

関連URL

スマートニュース メディア研究所

インターネットメディア協会

クラーク記念国際高校

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス