1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. タブレット向け授業支援アプリ「MetaMoJi Classroom」、茨城県守谷市教委が採用

2022年12月8日

タブレット向け授業支援アプリ「MetaMoJi Classroom」、茨城県守谷市教委が採用

MetaMoJiは7日、同社の提供するリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi Classroom」が茨城県守谷市教育委員会に導入されたと明らかにした。

手書きのしやすさ、データがクラウドで効果的に一元管理されること、ネットワークの負荷が少ないことが高く評価され、市立のすべての小中学校でiPadと授業支援アプリMetaMoJi Classroomを採用した。

MetaMoJi ClassroomはiPad、Chromebook、Windowsに対応し、混在環境でも利用できる授業支援ソフト。リアルタイムな画面共有・転送により、教師が机間巡視を行うことなく、児童生徒の学習状況を把握できる。紙に書いているようなノートテイキングができるため、従来の学習と違和感なく活用できる。また、搭載しているかな漢字変換機能は、手書き入力からも利用でき、学年別辞書にも対応している。

関連URL

守谷市教育委員会における導入事例

「MetaMoJi ClassRoom」

MetaMoJi

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス