1. トップ
  2. データ・資料
  3. リスキリングで学んだこと、6割が「非常に/ある程度活用できている」=UZUZ調べ=

2022年12月8日

リスキリングで学んだこと、6割が「非常に/ある程度活用できている」=UZUZ調べ=

20代若手に特化した人材紹介・教育研修事業を運営するUZUZ(ウズウズ)は7日、リスキリングに関する意識調査の結果を公表した。

同社は、IT分野の学習支援サービス「ウズウズカレッジ」でデジタル分野の動画教材を提供することで、20代若手人材や社会人のリスキリングを促進している。調査はUdemy、YouTubeの「ウズウズカレッジ」動画教材の利用者を対象に10月25日~11月25日に行われ、134名から有効回答を得た。


それによると、リスキリングの目的について約4割が「業務スキル向上、業務効率化のため」と回答。次いで「現職でのキャリアアップのため(昇格、異動)」と「転職のため」がそれぞれ約2割を占めた。


学習時間については、6割以上が「月に20時間未満」と回答。一方で「月に60時間以上」との回答も1割以上あった。4割以上が「終業後」に学習時間を確保していると回答。リスキリングにこれまでにかけた費用総額は、約6割が「3万円未満」と回答、「20万円未満」で約9割を占めた。


約6割がリスキリングで学んだことを「非常に/ある程度活用できている」と回答した一方、2割近くが「まったく活用できていない」と回答した。リスキリングをする上での課題はバラついており、最も多かった回答は「効率的な学習方法が分からない」だった。

リスキリングを支援するサポートについては、最多は「学習効果の改善」で約4人に1人。「リスキリングの目的、目標の整理」や「学習内容、スケジュール策定」がそれぞれ約2割を占めた。「コーチング」との回答も約1割あった。

関連URL

UZUZ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス