1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. やる気スイッチ、障がいのある高2生の「テレワーク実習」結果を公表

2023年1月16日

やる気スイッチ、障がいのある高2生の「テレワーク実習」結果を公表

やる気スイッチグループは13日、大阪府立堺支援学校(大阪・堺市)に通う障がいのある高校2年生を対象に実施した「テレワーク実習」の結果を公表した。

同実習は、テレワーク型障がい者雇用サービス「エンカク」を運営する「D&I」と共同で、2022年10月24日~28日の5日間実施。同校の高2生徒3人が参加した。

同校では、これまでも学校のプログラムとして校内で複数回のテレワーク実習を行ってきたが、特例子会社以外の企業で企業主体のテレワーク実習を行うのは今回が初の試み。

実習初日はオリエンテーションとして、やる気スイッチの社員として働く上で大事にしたい「6つの約束」を含めた「実習中の約束」の確認や、体験する仕事内容とその意義の説明を行った上で実務体験に進んでいった。

実務体験では、講師採用に係る実際の業務の一部を切り出し、メールの下書き作成や他社求人のリサーチなどを行い、3日目にはテレワークで働く同社の障がいのある社員との座談会を実施。テレワークで働く上での大切なことなどが伝えられ、生徒からも積極的に質問が飛び交うなど、リアルな現場を感じることができた。

また、実習期間では、生徒が目標を意識し業務に取り組むことができるように、毎日の目標設定とそれに対する振り返りを実施。

実習を重ねていくごとに、生徒の視座も高くなっていき、自身でPDCAを回しながら、実習中に得た気づきを改善や工夫に活かすなど、生徒たちが主体的に取り組めるようにサポートした。

実習で生徒たちが行った業務は、同社が実際に行っている業務の一部で、オリエンテーションの中でも、各自が業務に責任を持って取り組めるよう、それぞれの業務がどういった意味を持つのかを説明。生徒からは「思っていたよりも自分が対応できたことに驚いた」といった声も上がった。

今回のテレワーク実習では、基本的なコミュニケーションについては「Zoom」、タスク管理や成果物の管理などについてはD&Iの「エンカククラウド」を利用。状況や用途でツールを使い分けることで、円滑な業務指示や進捗の把握を行うことができた。

やる気スイッチグループは、個別指導塾「スクールIE」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ」など7つのスクールブランドを運営。現在、国内外で2000以上の教室を展開し、12万人以上の子どもたちの学びをサポートしている。

関連URL

「エンカク」

D&I

やる気スイッチグループ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス