1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ベネッセ、ICT活用の優れた事例を表彰する「ミライシードAWARD」初開催

2023年1月19日

ベネッセ、ICT活用の優れた事例を表彰する「ミライシードAWARD」初開催

ベネッセコーポレーションは18日、同社の小中学校向けタブレット学習用ソフト「ミライシード」を使ってICT活用を推進した小中学校の優れた事例を表彰するコンテスト「ミライシード AWARD」(ミライシードアワード)を、今年初めて開催すると発表した。

アワード特設ページで1月18日~2月28日までプレエントリーの応募を受付け、選出された優秀者は5月に開催を予定しているユーザーカンファレンス「Miraiseed Summit 2023」で取組み事例を発表。同社のウェブなどを通じて広く社会に発信する。

「ミライシード」は、協働学習・一斉学習・個別学習それぞれの学習場面に対応した、小中学校向けタブレット学習用オールインワンソフト。GIGAスクール構想でタブレットを用いた学習が小中学校で急速に導入されるなか、全国の小中学校の30%に相当する9004校・約334万人以上の生徒(2022年度末見込み)が活用している。

開催概要

応募期間:1月18日(水)~2月28日(火)23:59必着
対象:「ミライシード」を契約中の自治体・小中学校、または契約自治体・小中学校に所属する個人
応募方法:
①プレエントリー(アワードサイトからプレエントリーフォームに必要事項を登録)
②応募資料の受取り(登録したメールアドレス宛てに、応募資料の案内を送付)
③応募書類の作成(送付された資料の内容に従って応募書類を作成し、期限内に応募)
表彰内容:「ミライシード」の活用を通じたチャレンジや、得られた成果を広く募集(成果の影響範囲は特に定めない)。応募内容に対して「チャレンジ」「インパクト」「再現性」の3つの観点に基づいて、総合的に選考して受賞者を決定
審査結果の連絡:3月下旬頃を目安に、事務局から受賞者だけに審査結果を案内
結果発表:5月に開催を予定しているユーザーカンファレンス「Miraiseed Summit 2023」で発表し、トロフィーの贈呈などの授賞式を行う
問合せ:ミライシードアワード2022事務局(shochu_info@mail.benesse.co.jp)

詳細・申込

関連URL

「ミライシード」

ベネッセ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス