1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 東京⼤学Cedep×ポプラ社、「デジタル社会は⼦どもの読書環境をどう豊かにできるか?」14日開催

2023年3月2日

東京⼤学Cedep×ポプラ社、「デジタル社会は⼦どもの読書環境をどう豊かにできるか?」14日開催

ポプラ社と東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センターはオンラインシンポジウム「デジタル社会は⼦どもの読書環境をどう豊かにできるか?」を3月14日に開催する。

2019年8月にスタートしたCedepとポプラ社による共同研究プロジェクト「子どもと絵本・本に関する研究」では、子どもを取り巻く絵本・本・メディア環境について、多層的・多面的な研究を行ってきた。

シンポジウムでは、子どもの読書における紙とデジタル、読書とICT(情報通信技術)のベストミックスを考える手がかりとして、Cedepから共同研究の成果を含む関連する学術研究の知見を紹介。また、青木いず美氏が、学校向けの電子書籍読み放題サービスやインターネット版の百科事典等を活用した実践について紹介。その後の指定討論やディスカッションを通じて、デジタル環境が急激に変化する中で、これからの子どもにとっての豊かな読書環境を実現するための方法について考える。

東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター(Cedep)は、学内外の研究者、実践者、企業や団体、国や自治体と連携しながら、子ども子育ての課題を協創探究し、解決の道筋を国際的に発信することを目的とする研究拠点。

開催概要

開催日時:3月14日(火)16:00〜18:00(15:30~入室可)
開催場所:オンライン開催(Zoomウェビナー)
参加定員:ライブ視聴先着1000名(要事前申込) ※ライブ視聴では質疑応答に参加可能
参加料:無料
プログラム/登壇者
はじめに:野澤 祥子氏(発達保育実践政策学センター 准教授)
シンポジウム開催に寄せて:文部科学省総合教育政策局より
研究報告:佐藤 賢輔氏(発達保育実践政策学センター 特任助教)
「子どもの読書における紙とデジタル – 期待・実態・課題」
実践紹介:青木 いず美氏(群馬県甘楽町立福島小学校 司書教諭)
「GIGAスクール端末導入から2年 – 授業での電子書籍サービス等を活用した実践とその効果」
指定討論:秋田 喜代美氏(学習院大学 教授/東京大学 名誉教授)
ディスカッション・質疑応答:上記登壇者 + 千葉 均氏(ポプラ社 代表取締役社長)
閉会挨拶:遠藤 利彦氏(東京大学大学院 教授/発達保育実践政策学センター センター長)

参加申込み

関連URL

東京大学Cedep

ポプラ社

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス