1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ロボットエンジニア機構、小中学生11人が大学生向けロボット競技会で大健闘

2023年3月15日

ロボットエンジニア機構、小中学生11人が大学生向けロボット競技会で大健闘

次世代ロボットエンジニア支援機構(Scramble)は14日、同機構が2022年7月に設立した小中学生チーム「Scrambleジュニアロボットチーム」が、「春ロボコン2023」(関西大会)に出場し、大学生・高専生相手に大健闘したと発表した。

同ロボコンは、3月11日に、「アクティブ・スクエア・大東体育館」(大阪・大東市)で開催。同チーム(小学5年生から中学2年生までの11人、2チーム)のほか、西日本各地の大学・高専から合計14チームが出場した。

大会は、予選リーグと決勝トーナメントの構成で行われ、同2チームはそれぞれ、予選リーグで大学生、高専生と対戦。

「Scramble-Cubeチーム」は予選1勝2敗、「Scramble-Flyチーム」は2敗という結果で予選敗退だったが、両チームともすべての試合で練習通りの動きを見せ、新人戦で大学生相手に1勝するなどして会場を沸かせた。

同チームは今回、8カ月間・月2回程度の活動期間で、習い事やスポーツチームのように練習(演習)を重ね、チームで1つの大型ロボットを製作して大会に挑んだ。

関連URL

「春ロボコン2023」詳細

次世代ロボットエンジニア支援機構

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス