1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. LINE×和歌山県警・和歌山県教委、SNSでの犯罪被害防止に中高生向け教材を共同で開発

2023年3月20日

LINE×和歌山県警・和歌山県教委、SNSでの犯罪被害防止に中高生向け教材を共同で開発

LINEみらい財団は17日、和歌山県警察と和歌山県教育委員会に協力し、SNSにおける青少年の性被害等の防止を目的とした中高生対象の教材「SNSによる社会への発信を考えよう」を共同開発したと発表した。

教材は主に3つの内容で構成されており、まず、ネットやSNSの特性を理解し、情報を発信する際にはどんなことに気をつけるべきかを考える。次に、性的な写真の送受信を行った際に法や条例に抵触する恐れがあるかを考え、犯罪のリスクについて学ぶ。最後に、性的な自撮り写真などを送るよう要求される事案に焦点を当て、被害を防ぐための断り方や第三者へ相談する際のポイントを身につける。こうした内容を通じて、自分が被害者にも加害者にもならないよう、リスクを予見し回避するための考え方や、何かあった時の対処方法について学べるようになっている。

教材はワークショップ形式になっており、生徒たちが自ら考えグループで議論し、考えを深められるように設計されており、授業用スライド、生徒用のワークシートのほか、教員用の手引きもセットになっている。

今回の教材開発は、常葉大学講師の酒井郷平氏の協力のもと、県警、県教委、LINEみらい財団が共同で行った。今後は、和歌山県内で中学校を対象に同教材の普及を図るほか、全国で広く活用できるように無償で提供する。

教材のダウンロード

関連URL

LINE

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス