1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 和歌山県教委、1万9239台のSurface Go 2とMicrosoft 365ライセンスを県立高に導入

2020年12月1日

和歌山県教委、1万9239台のSurface Go 2とMicrosoft 365ライセンスを県立高に導入

日本マイクロソフトは11月30日、和歌山県教育委員会が1万9239台のSurface Go 2とMicrosoft 365ライセンスを、県内の全日制および定時制県立高校のすべての生徒向けに展開することを明らかにした。

同教育委員会は「きのくにICT教育」という独自の取り組みを推進しており、コンピューターなどの情報手段の操作・活用方法の習得やプログラミング的思考の育成を行っており、このたびICT教育をより推進するためのデバイスとしてSurface Go 2が選定された。同県では2017年から教員の校務用PCとしてSurfaceを導入しており、すべての教員と生徒の双方がSurfaceを活用することとなる。

Surface Go 2はタッチの精度、ペンの描き心地、筐体サイズやキーボードの打鍵感など、細部にまでこだわっており、同教育委員会では生徒がより自由に直感的に表現できるよう、全生徒にMicrosoftクラスルームペンを配布している。

Surface Go 2とMicrosoft 365は11月中旬から順次配備されている。導入にあたってはMicrosoft Intuneを使ったモダン展開を活用。これにより、端末展開時の作業が大幅に削減され、短期間かつスムーズに生徒に端末を配布できた。

関連URL

「Surface Go 2」

「Microsoft 365」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス