1. トップ
  2. データ・資料
  3. 育児中の親が望む少子化対策「すべての子どもに保育園やシッターなどの育児支援」 =キッズライン調べ=

2023年3月24日

育児中の親が望む少子化対策「すべての子どもに保育園やシッターなどの育児支援」 =キッズライン調べ=

キッズラインは23日、子育て中の親を対象に「少子化対策になると思う政策」などについて調査した結果を公表した。

調査は子育て中の親(男性77名、女性928名)を対象に3月7日~12日に行われた。それによると、少子化対策として有効性が注目されている19の政策のうち、最も多く「少子化対策になる」と回答したのは、「希望者全員が保育園に入園できる保育環境」と「ベビーシッターなど個別保育に対する金銭的補助」となった。3位は「病児保育、夜間保育など保育サービスの充実」、4位は「小学生の学童保育の拡充」と続き、いずれも育児支援を求める回答が上位を占める結果となった。

今すぐに実行してほしい政策としては、「家族手当の拡充/児童手当の所得制限撤廃」が最も多く、次いで「子の人数によって所得税が軽減される制度(N分N乗方式)」が続き、収入支援への期待値の高いことがあらためて分かる結果となった。

41.8%が「ベビーシッターを利用することが2人目以降の出産のきっかけになる」と回答。ベビーシッター利用経験がない人の中でも「きっかけになる」が「ならない」を上回った。また、子ども2人以上いる親では、子どもが1人の親よりも「きっかけになる」割合が上昇した。

関連URL

キッズライン

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス