1. トップ
  2. 学校・団体
  3. デジタルハリウッド×LITALICO、小3~高校生向け「3DCGアニメ制作コース」開講

2023年6月29日

デジタルハリウッド×LITALICO、小3~高校生向け「3DCGアニメ制作コース」開講

デジタルハリウッドは、LITALICOと共同で、LITALICOが運営するIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」で、小学3年生~高校生向けの「3DCGアニメーション制作コース」を7月1日から開講する。

同コースでは、デジタルハリウッドが持つ「デジタルコンテンツ制作の専門教育」と、LITALICOワンダーが持つ「子どもの個性に合わせて得意を伸ばす教育」の知見がブレンドされた、本格的な内容ながら楽しく学べるカリキュラムを提供。

授業では、無料で利用できる3DCGアニメソフトの「Blender」を使用。アニメ風キャラクター、リアリティのある造形物や風景など、子どもの興味に合わせて多様な作品を作ることができ、最終的には数分のオリジナルアニメーション動画が作れるようになる。

また、モデリングやリギングなどのオブジェクト制作に関わる内容に加え、シナリオの作り方、デッサンの基礎的な考えを生かした下絵制作、ライティングやカメラワークなど映像としての細かな見せ方の技術、キャラクターやシーンの動きを制御するための物理演算やシミュレーションなど、専門的な内容や最新のトレンドが学習内容に盛り込まれている。

それらのコンテンツを、LITALICOワンダーのカリキュラムコンセプト「つくりながら楽しく学ぶ」のフレームを元に再設計したカリキュラムになっており、楽しく学び続けることができる。

通常時は、LITALICOワンダーの講師1人に対して子ども1人ないし2人の少人数でのオンラインレッスンだが、デジタルハリウッド講師陣による作品講評会やライブ授業の機会も定期的に設けられている。

講座概要

開講日:7月1日(土)~
受講形式:オンライン
受講期間:12カ月(全48回)
受講料:月額2万7500円(税込)

コース説明会

詳細・申込

関連URL

デジタルハリウッド

LITALICO

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス