1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. とっぺん、無形文化財の民俗芸能をデジタルアーカイブ化

2023年7月4日

とっぺん、無形文化財の民俗芸能をデジタルアーカイブ化

とっぺんは6月30日、大分県無形民俗文化財に指定されている民俗芸能「辻間楽」の楽打の動きをデジタルアーカイブ化する取組を日出町と実施したと発表した。

辻間楽とは、集団で奉納する「楽打(がくうち)」の民俗芸能。旧暦9月9日(10月10日前後)から始まる八津島神社(日出町豊岡)の境内で行う大祭などで奉納し、大分県の無形民俗文化財に指定されている。現在は関係者の少子高齢化が進み、後世へ伝統や誇りを伝える継承者が不足。存続の危機に直面している。

同社は辻間楽を後世へ伝える取組として日出町の委任を受け、関係者が実演した太鼓を叩きながら舞う「楽打」の動きを佐賀大学 芸術地域デザイン学部と連携しモーションキャプチャで記録。これまで人伝えで継承されてきた無形文化財の伝承情報を、動きをデジタルアーカイブ化することで、文化財の史料データとしての価値だけでなく、辻間楽の舞いを任意の角度から視聴できる継承ツールとしての活用も可能となる。

同社は貴重な文化財をデジタルデータで残す技術とともに、その価値を多くのひとへ届けるためのコンテンツ制作や展示企画などの事業を展開しており、すべての工程をワンストップで行う。近年はXRにも力を入れ、価値を体感できるコンテンツとして提供している。

関連URL

とっぺん

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス