1. トップ
  2. データ・資料
  3. ChatGPT、中高生の認知率は約9割だが、利用経験率は半数以下=スタディプラス調べ=

2023年8月9日

ChatGPT、中高生の認知率は約9割だが、利用経験率は半数以下=スタディプラス調べ=

スタディプラスは8日、同社のStudyplusトレンド研究所が、全国の中学1年~高校3年生1657人を対象に実施した、「ChatGPTに関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。



それによると、「ChatGPTを知っているか?」と尋ねたところ、中学生は85.5%、高校生は92.2%が「知っている」と回答したが、「ChatGPTについて、どれくらい理解できていると思うか?」との質問に、「よく理解できている」と答えたのは中高生ともに1割程度(中学生13.4%、高校生15.6%)しかいなかった。


「ChatGPTを実際に利用したことはあるか?」と聞いたところ、日常的な利用は中高生ともに数パーセント程度(中学生5.4%、高校生9.9%)で、中学生は約7割(68.5%)、高校生は半数以上(54.7%)が「利用したことがない」と回答。利用しない主な理由として、「使い方がよくわからないから」や「使うメリットがよくわからないから」が挙げられた。


ChatGPTの利用目的については、「調べ物や情報収集のため」59.8%が最多で、続いて「話題になっていたので試しに利用した」も半数以上(54.7%)あった。



また、ChatGPTの利用経験がある中高生のうち、勉強での利用経験があるのは半数程度(中学生54.6%、高校生47.8%)で、その際の利用方法については、「質問や疑問を解決するため」78.3%が最多で、次に多かったのが「提出物の制作や参考に使う」36.6%だった。


家庭・学校・塾などで、「大人からChatGPTについてのレクチャーや説明を受けたことがあるか?」を聞いたところ、「受けたことがない」が約8割(中学生85.9%、高校生78.4%)だった。


レクチャーを受けた場所については、「学校」が8割以上(84.6%)で、「家庭」は2割程度(18.5%)。



レクチャーの内容は、ChatGPTの「利用方法や仕組みについて」が多い傾向で、レクチャーの結果については、中学生の8割、高校生の7割が「興味関心が高まった」と回答した。

この調査は、学習管理アプリ「Studyplus」の全国のユーザー(中学1年~高校3年生)を対象に、6月21日〜23日にかけて、「Studyplus」上でアンケートを依頼し、オンラインで回答を回収する形で実施した。有効回答数は1657人。

関連URL

調査結果の詳細

Studyplusトレンド研究所

スタディプラス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス