1. トップ
  2. データ・資料
  3. 現役高3生の8割が「成人になる実感がない」と回答=スタディプラス調べ=

2022年5月2日

現役高3生の8割が「成人になる実感がない」と回答=スタディプラス調べ=

スタディプラスは4月28日、同社の学習管理アプリ「Studyplus」上で、現役高校3年生のユーザー1379人を対象に実施した、「成人年齢引き下げに関する調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「来年3月までに成人を迎えることに関心はあるか?」と聞いたところ、「関心がある」41.8%と「やや関心がある」39.5%を合わせ、現役高3生の81.3%が「自分が成人することに関心がある」と回答。

ただ、「成人して大人になることに実感はあるか」との質問には、79.8%が「実感なし」と答えた。

成人年齢引き下げで「18歳になったらできるようになることを知っているか」と聞いたところ、「少し知っている」58.4%と「よく知っている」24.4%を合わせ、8割以上(82.8%)が「知っている」と回答。

「18歳になったらできるようになることの中で、やってみたいことはあるか?」との質問では、「選挙の投票」約6割(59%)が最も多い回答だった。

以下、2位「クレジットカードを持ちたい」34.1%、3位「部屋を借りて1人暮らし」30.3%、4位「10年有効のパスポートを取る」24.4%、5位「国家資格を取る」23.1%と続いた。

また、「消費者トラブルに関するリスクを知っているか」との質問には、「よく知っている」46.9%と「少し知っている」40.8%を合わせ、9割近く(87.7%)の高3生が消費者トラブルのリスクを認識していた。

一方で、「消費者トラブルにあった際の対策方法」については、「聞いたことはあるが、あまり知らない」29.3%と「知らない」13%を合わせ、4割以上(42.3%)が対策方法をよく知らないことが分かった。

消費者トラブルのリスクを「よく知っている」割合は47.1%に上る一方で、対策方法を「よく知っている」割合は16%にとどまった。リスクは理解していても、具体的な対策方法までをしっかりと理解している割合は低かった。

「消費者トラブルについて、教わる機会はあったか?」を聞いたところ、84.3%が、「学校」で消費者トラブルに関するレクチャーを受けていることが分かった。一方、「家庭」で教わっている割合は、34.2%にとどまった。

また、「成人=大人になるとはどういうことだと思うか?」というアンケートに対しては、全体の6割以上にあたる868人が「責任」という言葉を使った回答を寄せた。

「成人を迎える意気込み」に関しても、大人としてのあるべき姿を自分なりに考え、責任を持って社会に貢献していこうとする回答が多数寄せられた。

この調査は、全国の「Studyplus」ユーザー(現役高校3年生)を対象に、4月6日〜7日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は1379人。

関連URL

調査結果の詳細

スタディプラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス