1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約7割の高3生が参院選で投票に行った理由を「国民の義務だから」と回答 =スタディプラス調べ=

2022年7月14日

約7割の高3生が参院選で投票に行った理由を「国民の義務だから」と回答 =スタディプラス調べ=

スタディプラスは12日、同社のStudyplusトレンド研究所が、学習管理アプリ「Studyplus」上で現役高校3年生のユーザーを対象に実施した「第26回参議院議員通常選挙に関するアンケート調査」の結果を明かした。

インターネット調査による調査で、回答者は2045名。


それによると、「今回の参議院選挙に興味はありましたか?」の問いには、「興味があった」の回答は82.9%だった。


「投票に行った」と回答した1245人のうち、理由の1位は「選挙に行くのは国民の義務だと思うから」で約7割を占めた。2位の「選挙会場や投票を体験してみたかったから」は54.5%、3位の「政治に興味があったから」も44.1%と高い割合の回答となっている。

「投票に行かなかった」と回答した54人のうち、最も多かったのは「投票所に行くのが面倒に感じたから」と回答。「投票したい政党・候補者がいないから」「用事があって行くことができなかったから」もそれぞれ22.2%。「その他」の回答を見ると、「学校のテスト期間が選挙1週間前だったことと、受験勉強に忙しいことから政治家に関する情報収集をしている余裕がなかった。」「コロナになったから」などが見られた。

「18歳の選挙権は適切だと思いますか?」の問いには、83.3%が「適切だと思う」と回答。


また、支持政党が「ある」と回答した人は31.2%。興味のある政策トップは「子育て・教育」で全体の約6割。2位は「経済政策」で49.8%、3位は「ジェンダー」で42.9%となった。

投票した感想には、「意外と投票するのは簡単だった」「初めてだったので緊張した」「今回初めて投票したが、より政治に興味を持つ良い機会になった。日頃からもっと政治に興味をもつ事が大切だと思った。また、他人事ではなく自分の事として政治を捉えていきたい」などの声が寄せられた。

関連URL

「Studyplus」

Studyplusトレンド研究所

スタディプラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス