1. トップ
  2. データ・資料
  3. 塾・予備校に通う目的、中学生は「学校の成績向上」、高校生は「受験対策」=スタディプラス調べ=

2022年8月5日

塾・予備校に通う目的、中学生は「学校の成績向上」、高校生は「受験対策」=スタディプラス調べ=

スタディプラスは4日、同社の「Studyplusトレンド研究所」が、通塾中の中高生1243人を対象に実施した、「塾・予備校に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、「通っている塾・予備校の種類」を聞いたところ、中高生全体では、「集団指導」37.8%が1位、「個別指導」36.9%が2位、「自立型指導」23.2%が3位だった。

学年別にみると、中学生では「集団指導」の割合が各学年で6割前後を占め、高校生では各学年で「個別指導」が「集団指導」を上回り、最も多かった。「自立型指導」は、高校生全体では約3割を占めており、高校3年生では「集団指導」を上回った。


「塾・予備校に通いはじめた目的」について聞いたところ、中学生は「学校の成績を上げたかったから」69.6%、高校生は「受験対策がしたかったから」76.4%が最も多かった。

学年別では、中学1年~高校1年生にかけては「学校の成績を上げたかったから」、高校2年~3年生にかけては「受験対策がしたかったから」が最多。

塾の種類別にみると、全体及び「集団指導」の通塾理由はほぼ同じ傾向で、「受験対策がしたかったから」が約7割、「学校の成績を上げたかったから」が約5割。

「個別指導」では「学校の成績を上げたかったから」が約6割、「自立型指導」では「受験対策がしたかったから」が約8割と、全体の数値を上回る結果になった。

「塾・予備校に入塾することを決めたのは誰か」を聞いたところ、学年が上がれば上がるほど、「本人」が増える傾向が見られた。中学1年生は、「保護者」が「本人」を上回った。


入塾の「決め手」に関しては、すべての学年で「通いやすい立地だったから」が最多。また、入塾の「決め手」として、中学生では「ライバルと競い合える環境があると思ったから」「地元や友人の間で評判が良かったから」の割合が高く、高校生では「カリキュラムが自分向きだと思ったから」の割合が高かった。

「通っている塾・予備校を知ったきっかけ」を尋ねたところ、中学生は「親が知っていた」が約4割で最多。以下、「友人や先輩からの口コミ」、「現地を通りかかって見つけた」などが続いた。

高校生では「友人や先輩からの口コミ」が最多で、次が「親が知っていた」。また、「SNSの投稿」「インターネット広告」が、中学生と比較すると上位にランクインした。


「今の塾・予備校に通い始めたタイミングについてどう思うか」を聞いたところ、全学年では「ちょうどよかったと思う」が多数派だった。ただ、中学3年生、高校3年生の受験学年では、「遅かったと思う(もっと早く始めておけばよかった)」の割合が増加した。

この調査は、学習管理アプリ「Studyplus」ユーザーで、現在、通塾中の中高生を対象に、7月7・8日にインターネットで実施した。有効回答数は1243人。

関連URL

調査結果の詳細

「Studyplusトレンド研究所」

スタディプラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス