1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. イーラーニング、教育のデジタル化を研究する「EduDX lab.asia」を創設

2023年9月5日

イーラーニング、教育のデジタル化を研究する「EduDX lab.asia」を創設

間もなく創立23周年を迎えるイーラーニングは1日、「EduDX lab.asia(エデュディーエックス ラボ アジア)」を創設したと発表した。同組織は、同社がこれまでの事業で培った経験や知識、ノウハウを集結させ、新たな研究に取り組み、その結果を社会に還元することを目的としている。

EduDXはEducation(教育)とDigital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)を組み合わせた造語。同社が2022年から提唱し、教育のデジタル化を通じて、教育プロセス、環境、体験を刷新し、教育の質向上と平等な教育機会の実現を目指す活動、プロセス、概念、枠組みを定義する。EduDXの対象は、学校教育からリカレント教育、職業訓練、人材教育、リスキリング、趣味・教養・資格教育など幅広い分野を含む。

同社が創設の背景には、「質の高い教育をみんなに」というSDGs目標の達成がある。達成には多岐にわたるアプローチが必要だが、「教育のデジタル化」はその中でも特に重要な役割を担う。この目標の実現は、他の16の目標を促進し、持続可能な社会の構築に寄与する。
本来の「教育のデジタル化」とは、単にオンライン学習やビデオ授業に切り替えるなど、従来の教室での活動をオンラインに移行するだけではなく、教育プロセス全体の変革を意味する。デジタル技術を活用することで、個別最適化された学習、インタラクティブな教材や学習ツールの利用、データの分析とフィードバックなど、新たな学習体験や教育手法が可能になる。

同社は今後成長が期待される東南アジアおよび日本において「教育のデジタル化」に関する調査、研究を行い、その結果を社会に発信し「教育のデジタル化」の潜在的な価値や可能性を世に広めることを目指す。また真の「教育のデジタル化」を推進し、SDGsの目標に寄与することを志し、「EduDX lab.asia」を創設する運びとなった。

関連URL

イーラーニング

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス