1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 立命館守山中学校・高等学校、1月から「デジタル保健室」を開室

2024年1月12日

立命館守山中学校・高等学校、1月から「デジタル保健室」を開室

立命館守山中学校・高等学校は、メタバースを活用した世代の保健室「デジタル保健室」を1月から開室した。

デジタル保健室では、メタバースや生成AIなどのデジタルツールを活用し、保健室やサポートルームを、できるだけ多くの生徒にとって居心地の良い場所に変えることやスタッフ等への相談のハードルを下げることを目指す。

学校に行きづらい、人前で話すのが苦手などの不安を抱えている生徒は、メタバース上で自分の分身であるアバターとなり、同じような問題意識を抱える仲間などと出会うことができる。

生徒は匿名で相談することでプライバシーが守られ、気軽に相談でき、生徒同士のコミュニケーションの活性化も期待できるという。

今後は、利用した生徒のフィードバックを中心に運用面の改善、生成系AIを活用した保健室の受付業務、教室など保健室以外のメタバース空間への展開を検討していく。

関連URL

「デジタル保健室」

「アバターを活用した性教育」

立命館守山中学校・高等学校

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス