1. トップ
  2. データ・資料
  3. 50%の浪人生が最終的に第一志望大学に合格 =じゅけラボ予備校調べ=

2024年1月16日

50%の浪人生が最終的に第一志望大学に合格 =じゅけラボ予備校調べ=

じゅけラボ予備校は12日、浪人経験がある19歳〜26歳に実施した「浪人生の浪人経験・最終的な成果に関するアンケート」の結果を発表した。


「浪人を決めた理由」は、浪人経験者の60.6%が「志望する大学に合格できなかった」から。26.4%が「志望する学部や学科に合格できなかった」ために浪人を選んだ。

一方、進学や将来についての方向性が変わったことを挙げた人も7.9%いて、自己成長のための時間が欲しいと考える学生も11.2%いた。


「何年浪人をしたか」については、1年間が73.9%。6.7%が2年、4.5%が3年、3.0%が4年、1.8%が5年以上。


42.1%が1浪目で第一志望大学に合格したが、浪人1年目で全て不合格だった10%を除く残り47.9%は、合格した第二志望大学以降の大学に進学するか、第一志望大学を目指すために2浪目を選択するかの決断を迫られている。

2年以上の浪人生活をした人の最終的な合格実績については、第一志望の大学に合格したのは30.2%。一方、2浪以上した浪人経験者のうち31.4%は第二志望大学に進学し、15.1%は第三志望、10.5%は第四以降の志望大学への道を選んだ。

調査結果から、浪人生の最終的な第一志望大学の合格率は50%。浪人生は1浪目で集中的に勉強を行い、そのうち約4割が第一志望大学合格への成功を収めていることがわかる。しかし、多浪となると合格率は下がる。

浪人が成功したと感じている人は58.5%。20.9%は浪人が失敗したと感じている。残りの20.6%がどちらでもないと感じている。

調査概要
調査概要:浪人生の浪人経験・最終的な成果に関するアンケート
調査期間:2023/12/21~2023/12/25
調査方法:インターネット調査
有効回答:事前調査で「浪人の経験がある」と回答した19歳〜26歳の男女330人

関連URL

じゅけラボ予備校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス