1. トップ
  2. データ・資料
  3. 保護者のうち中学受験賛成派は約3割、子どもの声を尊重する声が多い=イー・ラーニング研究所調べ=

2024年1月19日

保護者のうち中学受験賛成派は約3割、子どもの声を尊重する声が多い=イー・ラーニング研究所調べ=

イー・ラーニング研究所は18日、「受験とキャリア教育に関する調査」の結果を公表した。

調査は、子どもを持つ親や親族を対象に12月5日~26日に行われ、334名から回答を得た。



それによると、約3割の親が子どもの中学受験に賛成と回答した。その理由としては「より良い環境で学んでほしいから」が最も多くなった。


一方で、「どちらかというと受験しなくても良いと思う」「受験しなくても良いと思う」と回答した親は合わせて約7割となり、その理由としては「好きなように時間を使ってほしいから」が圧倒的多数を占めた。


中学受験は「子どもが受験を希望するとき」や「子どもが進みたい進路に必要となったとき」にさせたいという回答がいずれも半数近くに上り、子どもの意見を尊重する声が多い結果となった。



約8割の親が2025年から大学受験に「情報」が追加されることを知らないと回答した一方で、9割以上が「情報」などの新しい科目の授業が小学生の時から必要だと考えていた。


「情報」のほかに必要だと思う教育内容を複数回答で訊ねたところ、1位「コミュニケーション能力」、2位「金融リテラシー」、3位「ディスカッション能力」が上位を占めた。


また、「情報」など追加で必要になるスキルはどこで学習させたいと思うかを訊ねたところ、コロナ禍で注目されていた家庭学習やオンライン学習を抜いて「学校」が最も多くの回答を集めた。

関連URL

イー・ラーニング研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス