1. トップ
  2. データ・資料
  3. インターンシップに参加した社数は「2~4社」が43.8%で最多 =学情調べ=

2024年1月19日

インターンシップに参加した社数は「2~4社」が43.8%で最多 =学情調べ=

学情は17日、2025年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象に実施したインターネットアンケートの結果を発表した。


それによると、就職活動準備やインターンシップの情報収集を始めた時期について、4割に迫る学生が「大学1・2年生」と回答。


インターンシップやオープン・カンパニーに参加した社数は「2~4社」が43.8%で最多。「10社以上」の回答は16.0%、「5社以上」は39.1%となっている。

実際に仕事を体験できるインターンシップは参加してよかった」「職場体験ができるプログラムと、グループワークのみのプログラムでは満足度も理解度も格段に違った」などの声が寄せられた。

関連URL

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス