1. トップ
  2. データ・資料
  3. 毎年目標を立てている小中学生は53%、今年頑張りたいことは「勉強・受験」=ニフティ調べ=

2024年1月19日

毎年目標を立てている小中学生は53%、今年頑張りたいことは「勉強・受験」=ニフティ調べ=

ニフティは18日、子ども向けサイト「ニフティキッズ」に「2024年に頑張ろうと思うこと」に関するアンケート調査の結果を公開した。

調査は11月7日~12月4日に、小中学生を中心とするニフティキッズ訪問者を対象に行われ、1156件の有効回答を得た。


それによると、小中学生が2023年に一番頑張ったことは「受験・勉強」が1位だった。


2024年に一番頑張ろうと思っていることも「勉強・受験」が最も多く、小学生で38%、中学生で57%を占めた。


「勉強・受験」を頑張りたい理由としては、半数以上が「成績をもっと上げたいから」と回答。中学生では「テストでいい点数をとりたいから」が最も多くなった。


また、2023年の目標を「達成できた」と答えた人は全体で52%。小学生では54%が達成できたと答えた一方、中学生では44%という結果となった。


毎年目標を立てていると答えた人は、小学生で57%と半数以上に上ったが、中学生では46%にとどまった。目標をいつ頃立てているかを訊ねたところ、「思いついたときに立てる」が最も多かった。目標を達成するために心がけていることは「目標を紙に書く」が全体で35%と最も多くなったものの、ほぼ同数の34%が「心がけていることはない」と回答した。

このほかアンケートでは、2024年の目標を書き初めにするならなんと書くかを訊ねている。熟語を選ぶ人もいれば、新年の決意を書く人もいるようで、中には自分を励ます言葉を選ぶ人もた。

関連URL

ニフティ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス