1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ソニー教育財団、2023年度「教育助成論文」入選発表

2024年1月22日

ソニー教育財団、2023年度「教育助成論文」入選発表

ソニー教育財団は18日、2023年度「教育助成論文」入選発表を行った。

三河台小学校の実践

ソニー教育財団は、毎年 8 月に全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園と小学校・中学校の教員から論文を募集し、優れた研究と取り組みに対して、教育助成金とソニー製品を贈呈している。

同事業は、1959 年にソニー創業者の井深大氏がはじめた活動で、教育・保育の質の向上と、未来を生きる子どもたちの主体性や感性、創造性の芽である「科学する心」の育みを願い、60 年以上継続して行っている。

論文には「教育実践論文」「未来へつなぐ教育計画」「保育実践論文」の 3 種類あり、2023 年度は全国から合わせて 234 件の応募があった。厳選なる審査と、上位候補校・園の現地を訪問しての調査を経て入選論文を発表した。

「教育実践論文」<小・中学校対象>最優秀校 2 校(福島市立三河台小学校・育成 刈谷市立刈谷南中学校) 各校に教育助成金 300 万円とソニー製品を贈呈 。最優秀校の他、優秀校 11 校・奨励校 33 校を選出し、各校に助成金とソニー製品等を贈呈する。

「未来へつなぐ教育計画」<小・中学校の教員対象>入選者 12 名(澤田康介 北海道教育大学附属釧路義務教育学校、田中将 南部町立南部小学校、戸嶋一智 階上町立階上中学校、尾澤知典 横浜市立義務教育学校緑園学園、河本康介 三条市立一ノ木戸小学校、阿部裕一 長野市立信州新町中学校、相良英優 川辺町立川辺中学校、都築卓朗 刈谷市立朝日中学校、福井大志 堺市立久世小学校、山田佳明 長崎大学教育学部附属中学校、柿原智明 熊本大学教育学部附属小学校、額田侑実子 ミラノ日本人学校)には、教育助成金 10 万円とソニー製品を贈呈する。

「保育実践論文」<幼稚園・保育所・認定こども園対象> 最優秀園 2 園(みなみ若葉こども園・福井大学教育学部附属幼稚園)には、教育助成金 200 万円とソニー製品を贈呈する。最優秀園の他、優秀園 7 園・優良園 14 園・奨励園 46 園を選出し、各園に助成金とソニー製品等を贈呈する。

「2023 年度入選発表」

関連URL

ソニー教育財団

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス