1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタル・ナレッジ、学習管理システム「KnowledgeDeliver」をバージョンUP

2024年2月1日

デジタル・ナレッジ、学習管理システム「KnowledgeDeliver」をバージョンUP

デジタル・ナレッジは1月31日、同社の学習管理システム(LMS)「KnowledgeDeliver」(ナレッジデリバー)をバージョンアップし、最新バージョン7.3をリリースした。


今回のバージョンアップでは、スキルを管理するASPサービスとの連携機能、ログイン画面へのインフォメーション設定機能を新たに追加するとともに、受講画面からの質問など様々な機能を改善した。


具体的には、オープンバッジを活用して従業員のスキルを管理するASPサービス「KnowledgeDeliver Skill+」との連携が可能になった。KnowledgeDeliver構築時に指定したSkill+の組織グループとバッジ情報を共有し、受講者がKnowledgeDeliverでクラスを修了した際に任意のオープンバッジが発行されるように設定できる。

オープンバッジは1EdTechが規定する国際技術標準規格で、ブロックチェーン技術を取り入れた信頼性の高い資格・修了証明「オープンバッジ」を活用して、包括的にスキルを可視化、管理できる。

また学習者側、管理者側の両方のログイン画面にインフォメーションを設定できる機能も追加。システム>ログイン画面インフォメーション画面にて設定でき、設定したインフォメーションはログイン画面の右部分に表示される。

このほか、①受講画面に質問ボタンを追加、②クラス設定に修了条件を追加、③修了証テンプレートで日付の表示形式を選択可能に修正、④受講画面「中断」ボタンの表示/非表示設定機能を追加、➄AMSのメールを担当者に送信できる機能を追加(オプション)、といったバージョンアップを実施した。

KnowledgeDeliverは、学習・運用管理だけでなく、Webベースで教材を手軽に作成・配信・管理できる統合型eラーニングプラットフォームで、柔軟なカスタマイズ性と拡張性があり、高いレベルのeラーニングサービスを利用できる。企業・官公庁・スクール・学校法人などへの導入実績は2000以上。

関連URL

「バージョン7.3」

「KnowledgeDeliverSkill+」

デジタル・ナレッジ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス