1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. atama plus、能登半島地震に伴うNPOの子ども支援活動にAI教材を無償提供

2024年2月6日

atama plus、能登半島地震に伴うNPOの子ども支援活動にAI教材を無償提供

atama plusは、能登半島地震に伴いNPOカタリバが2月5日から石川県で行う災害時子ども支援活動に、同社のAI教材「atama+」(アタマプラス)を無償提供する。

カタリバは、同地震直後の1月3日から、現地で子ども支援のニーズ調査や居場所運営などを続けてきたが、2次避難した子どもたちから「教科書や問題集を家に置いてきてしまって学習ができない」といった声が多く届いていた。

また、金沢市内に住む中高生は学習が進む一方で、2次避難してきた子どもたちは学習ができず「置いていかれるのではないか」と不安や焦りを感じる声も寄せられた。

そこでカタリバは、被災した子どもたちを支援するため、石川県内で複数個所子どもたちの居場所を運営し、学習するための端末が必要な子どもたちに、パソコンやタブレットを提供。

一方、同社は2020年から、子どもたちの学習を支援するカタリバの6つのプログラムに関わっており、今回も、カタリバが2月5日から石川県で行う災害時子ども支援活動に、AI教材「atama+」を無償で提供する。

被災地の子どもたちは、カタリバから貸し出されたパソコン・タブレットやWi-fiを使って、学年や教科科目の制約なく「atama+」で学習できるようになる。

【学習支援の概要】
教材提供期間:2月5日(月)~3月31日(日)〈予定〉
対象:高校生、中学生、小学4~6年生
教科・科目:
・高校生(数学、英語、物理、化学、生物、古典)
・中学生(数学、英語、理科、社会)
・小学生(算数、英語)

詳細

関連URL

AI教材「atama+」

カタリバ

atama plus

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス