1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. Classi、保護者連絡サービス「tetoru」を兵庫・加東市の放課後学童保育に提供

2024年2月9日

Classi、保護者連絡サービス「tetoru」を兵庫・加東市の放課後学童保育に提供

Classiは、同社の保護者連絡サービス「tetoru」(テトル)を、昨年10月から、兵庫県加東市の放課後学童保育に提供開始した。

同市は、学校で既に活用していたtetoruを学童保育の現場でも導入することを決め、同社がサービスの提供を開始。従来の電話や連絡帳などで行われていたコミュニケーションがデジタル化され、学童保育の職員からの連絡配信や保護者からの欠席連絡がオンラインでスムーズにできるようになった。

tetoruは、「学校からの連絡配信機能」「保護者からの欠席連絡機能」を基本機能として搭載した、小中学校向け保護者連絡サービス。公立学校、自治体が導入する場合は無料で利用でき、各校の予算が異なる場合でも自治体単位での一括導入がしやすく、2024年1月現在153自治体が導入し、登録者数は100万人を超えている。

公立の小中学校、義務教育学校、特別支援学校、公立幼稚園・保育園・こども園が申込めば、欠席連絡などのベーシックな機能が無料で活用できる。

また、在籍校とオンラインスクールを同じID(メールアドレス)で登録でき、保護者の管理負担も軽減できる。

関連URL

「tetoru」

Classi

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス