1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. デジタルハリウッド、高校「情報Ⅱ・Ⅰ」に対応した学習パッケージを販売

2024年5月29日

デジタルハリウッド、高校「情報Ⅱ・Ⅰ」に対応した学習パッケージを販売

デジタルハリウッドは28日、高校情報科「情報Ⅱ」・「情報Ⅰ」に対応した、DXハイスクール採択校限定の「学習パッケージ」を販売すると発表した。

同パッケージは、学習指導要領解説編の「例示」(情報Ⅱ)(情報Ⅰ)に対応した、Pythonプログラミングなどによる課題解決力の基礎を育成する内容。

主にPythonプログラミングを取り上げており、制御構造とデータ構造、基本アルゴリズムの基礎を学び、プログラミング思考を身に付けるとともに、データ処理のためのツールとして、統計処理、テキストマイニングの入門的なプログラムも扱う。

これらを通して、問題の発見・解決に向けて情報システムや多様なデータを適切かつ効果的に活用する力やコンテンツを創造する力を養成する。また、大学入学共通テスト「情報Ⅰ」(特に第3問)への準備にもなる。

また、同パッケージのオンライン説明会を、5月30日に無料開催する。

【学習パッケージの概要】
学習内容:
・デジタルハリウッドとの教育連携をしている旨の広報的活用、生徒募集活動への応用
・データ分析のためのPython講座の動画教材(動画:90分/回×15回=約22時間、生徒自身のワーク時間を考慮すると、2~3倍の授業時間を想定)
・演習課題、解説、必要素材一式
・オプション・追加費用(デジタルハリウッド大学/大学院などの専門人材の派遣 ex.出張授業)
・オプション・追加費用(他分野の動画教材、ex.Webサイト制作、グラフィックデザイン、動画制作など)
費用(税込/年度):1校132万円(1校あたりの受講生徒人数の上限はなく、全学年での利用が可能。教職員には無償提供)

詳細

【オンライン説明会の概要】
開催日時:5月30日(木)17:00~17:45(Zoom開場16:45)
開催方法:オンライン(Zoom)
主な内容:
・デジタルハリウッドと教育連携を行うメリット
・DXハイスクール採択校限定「学習パッケージ」の案内
・先行の類似事例
定員:10人
参加費:無料

詳細・申込

関連URL

デジタルハリウッド

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス