1. トップ
  2. データ・資料
  3. 25年卒学生「内々定を保有している」学生は全体の約7割で過去最多 =dodaキャンパス調べ=

2024年5月31日

25年卒学生「内々定を保有している」学生は全体の約7割で過去最多 =dodaキャンパス調べ=

ベネッセ i-キャリアは29日、運営するdoda発の新卒オファーサービス「dodaキャンパス」が実施した、「25卒学生(大学4年生・修士2年生)就活実態調査」の結果を発表した。

「dodaキャンパス」に登録している25卒(大学4年生、修士2年生)学生を対象に、4月時点でこれまで選考を受けたことがある企業数を聞いたところ、「1~5社」(27.0%)が最多で、次いで「6~10社以上」(22.7%)。過去2年間と比較すると、「1~5社」は増加傾向だが、「11社~15社」以上の割合は減少していて、大学生は選考を受ける企業を厳選する傾向にあるという。

保有する内々定数は、1位「0社」(31.8%)、2位「1社」(24.4%)、3位「2社」(18.2%)。また、保有する内々定数「1社」から「8社以上」の合計でも、23卒の59.7%に対して、25卒は68.2%となり8.5ポイント増加し、過去2年間で最も多い。

選考中の企業数は、「1社~5社」(42.6%)が最多。「0社」は42.3%で、23卒の29.3%から13ポイント上昇した。また「0社」と回答した学生の7割以上は「就活を終了している」(71.5%)と回答し、こちらも2年間で最多。早期に内々定を獲得し、4月時点ではすでに就活を終える学生が増加している。

調査概要

調査期間:4月22日(火)~4月28日(日)
調査対象:dodaキャンパス会員の大学4年生、修士2年生(25年卒)
調査方法:Webアンケート回答方式
有効回答数:582人

関連URL

「dodaキャンパス」

ベネッセi-キャリア

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス