1. トップ
  2. 学校・団体
  3. APU、「AI搭載英語学習システム」を学校推薦型選抜の出願資格として導入

2024年6月12日

APU、「AI搭載英語学習システム」を学校推薦型選抜の出願資格として導入

立命館アジア太平洋大学(APU)は、2025年度学校推薦型選抜で、MagniLearn(マグニラーン)社のAIを活用した英語学習システム「GET Test & Learning System」を、日本の大学で初めて取り入れる。

同大では、専門科目の95%以上を日英2言語で開講し、学生の約50%を占める国際学生とのコミュニケーションなど、日本人学生も日常的に英語を使用しており、今回、新たな取り組みとして、学校推薦型選抜の出願資格の1つとして同システムを通じて英語学習を行う「GRAB Program」を導入する。

同システムは、AICエデュケーションが日本代理店を務め、同社が展開する学習塾「鷗州塾」を中心に導入されており、英語成績の向上や実用英語技能検定(英検)合格などの高い学習効果が得られている。

学校推薦型選抜は、出身学校長の推薦を受け、同大を専願(合格した場合に入学を確約)する者が対象で、同選抜方式の志願者が同プログラムでの英語学習を通じて、入学後の学修や課外活動に主体的に取り組むことを期待している。

また、APUでは今年3月、全国の高校約2000校(回答数:44都道府県345人)を対象に、学校推薦型選抜に関するアンケート調査を実施。同調査に協力した高校・中等教育学校の教員を対象に、6月12・14日に、アンケ―ト結果報告会をオンラインで実施する。

プログラムの概要

名称:入試接続型学習プログラム「Get Ready for APU English Boost Program」
実施期間:2024年10月~2025年2月(出願前に申込みおよび学習を開始)
対象:学校推薦型選抜(指定校)志願者
対象学部:アジア太平洋学部、国際経営学部、サステイナビリティ観光学部
主な内容:申込後、英語力判定テストで受講者の4技能をAIが判定。受講者のレベルに合わせてAIが問題の難易度を調整し、パーソナライズされたカリキュラムを提供することで、弱点を克服していく

アンケ―ト結果報告会の概要

開催日時:
・「1回目」6月12日(水)18:00~19:00
・「2回目」6月14日(金)16:30~17:30
〈1回目と2回目は同じ内容〉
開催方法:オンライン(Zoomウェビナー形式)

関連URL

AICエデュケーション

鷗州塾

立命館アジア太平洋大学

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス