1. トップ
  2. データ・資料
  3. カンビア、理系新卒採用の配属先決定に関する企業調査結果 配属ガチャの懸念と対策

2024年6月20日

カンビア、理系新卒採用の配属先決定に関する企業調査結果 配属ガチャの懸念と対策

カンビアは18日、「理系新卒採用の配属先決定に関する企業調査結果:配属ガチャの懸念と対策」を発表した。

技術系職種における理系新卒採用に取り組む104社の企業を対象に、配属先決定に関するWEBアンケート調査を実施。

調査では、配属先通知は「入社後の研修期間」が最多で42.3%となった。調査結果の詳細は以下の通り。

配属先通知のタイミングは「入社後の研修期間」が最多で42.3%。募集段階で配属先を明示する企業も約1/3。入社後(入社式~研修期間)と入社前(募集段階~入社前)で分けると、前者が44.2%、後者が55.8%で、入社前に伝える割合が全体では多い。

業種別でな、製造業では、入社後の研修期間に配属先を決定する企業が過半数を占める一方、IT業界では、募集段階で配属先を明示する企業が過半数を占めている。

入社前に配属先を通知する企業は、大多数が現行の配属先通知方法を維持する意向を示していて、変更の予定がない企業が約7割。一方、入社後に配属先を通知する企業では、現行の方法を維持する意向が多いが、将来的に変更を検討している企業の割合が約17%と、入社前に通知する企業よりも高い。

配属先決定における課題は、本人の希望と会社の要望のマッチングが難しいこと、全社員の希望に応えられないこと、経営層によるトップダウン配属決定に対する不満が挙げられる。

調査概要

調査対象:技術職・研究開発職・ITエンジニア職のいずれかにおいて、理系学生の新卒採用に取り組む企業
有効回答数:104社
調査方法:WEBアンケート形式
アンケート実施期間:6月10日(月)~13日(木)

関連URL

カンビア

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス