1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 多摩市立愛和小/1人1台タブレット環境とロイロノート活用による公開授業

2014年4月28日

多摩市立愛和小/1人1台タブレット環境とロイロノート活用による公開授業

東京都多摩市立愛和小学校は23日、教員・教育関係者や保護者ほかを対象とした実践授業を実施した。

多摩市立愛和小学校 実践授業

同校の前身である愛宕東小学校では、2013年10月から児童1人1台タブレット環境を実現し教科を問わず授業で活用。2014年4月の統合により新たなスタートを切り、児童の基礎学力や学習意欲の向上を目的に、ICT教育を積極的に推進しており、今回の実践授業では、当日発売を開始した授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」を効果的に取り入れた授業が行われた。

タブレットで時刻を描く

2年生の算数の授業は「時こくと時間」。時刻と時間の概念について理解し、日常的に使うことができるようにすることが目的で、時計操作の一環としてロイロノートを活用し、実際に自分で時刻を表すことで知識の定着を図っている。

問いの資料は、ロイロノートを使って教師から児童一人ひとりのタブレットに一斉配信され、児童たちは手慣れた様子で、示された時刻をタブレットの画面に描き次々と教師のもとへ送り返す。その間、教師と児童との間の会話も止まることなく、テンポよく授業は進んでいく。

敬語の授業

正しい敬語の使い方を学ぶ

また、5年生の国語の授業は、日常的によく使われる敬語の使い方に慣れるというもの。教科書を読み、「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」について理解したのち、ロイロノートのカード機能を使い、教師が提示した場面ではどのような言葉を使うのが適当か考え、話し合いが行われた。

こうした場面ではこれまで、画用紙を使った短冊を用意して敬語のグループ分け作業などを行っていたが、タブレット上でカードを活用することで直感的に学習を進めることができるため、楽しみながら敬語を学ぶきっかけになるという。

 

 

関連URL

多摩市 市立小学校一覧

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21