1. トップ
  2. データ・資料
  3. ALSOK/子供の安全対策、5割が防犯ブザーの活用と回答

2015年7月6日

ALSOK/子供の安全対策、5割が防犯ブザーの活用と回答

ALSOKは2日、小学生の子供を持つ働く女性を対象に「小学生と母親の安全に関する意識調査」を行い、その結果を公表した。

それによると、小学生の子供の普段の生活について、89.2%の母親が何かしらの不安を感じており、中でも「道路への飛び出しなどによる事故」(57.4%)、「子供同士のいじめ」(55.2%)、「不審者に危害を加えられる」(52.2%)について心配に感じている母親が多いことが分かった。

子供の安全を守るための対策についての質問に対し、約半数が「防犯ブザーの活用」(50.0%)、「GPSを使った所在地の確認」(45.4%)と回答。また、34.4%は、「近所で連携して子供に声掛けするようにする」と、近所関係が希薄になっている昨今ならではの対策を挙げた。

また、インターネットの利用状況に関しては、約半数が子供にスマートフォンもPCも使わせていないとことが分った。

インターネットを利用している子供の用途を見ると、スマホ・PCともに「ゲーム」「動画視聴」が2~3割を占めている。Twitter、FacebookなどのSNSや、LINEなどのトークアプリを使わせている家庭は1割程度だが、そのうち3人に1人は、子供がコミュニケーションを取っている相手を把握できていないことが分かった。

調査概要

対 象:全国の小学生の子供を持つ働く女性500人
期 間:2015年6月11日~16日
方 法:インターネット調査

問い合わせ先

ALSOK広報部
koho@alsok.co.jp

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ