1. トップ
  2. データ・資料
  3. 今後習わせたい習い事10位に「パソコン関連」

2016年9月27日

今後習わせたい習い事10位に「パソコン関連」

リクルートマーケティングパートナーズの運営する「ケイコとマナブ.net」は26日、首都圏1都3県で小学生以下の子どもを習い事に通わせている927人を対象に「子どもの習い事」についてアンケートを実施した結果を発表した。

「ケイコとマナブ」2016年子どもの習い事ランキングによると、「今、習っている習い事ランキング」では、トップ3は前年と変わらず水泳、英会話・英語、ピアノ。「今後、習わせたい習い事ランキング」では、英会話・英語が前年同様1位のほか、パソコン関連が小学校高学年を中心に順位を上げ、前年の13位から10位に入った。

習い事の費用については、約半数の家族が「昨年より増加」と答えた。子ども1人当たりの月間の習い事費用は平均1万4670円。高学年になるにつれて負担感が増す傾向が見られた。

また、フリーワードで答えてもらった「オリンピックがきっかけで検討した習い事」では、水泳、体操に加え、卓球、バドミントンが上位に。ボランティアなどを見据えた英語・英会話の回答もあった。

関連URL

「ケイコとマナブ.net」

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21