1. トップ
  2. ツール・教材
  3. イーラーニング/「Moodle」のセミナー事業を開始

2013年9月24日

イーラーニング/「Moodle」のセミナー事業を開始

イーラーニングは20日、「Moodle(Modular Object-Oriented Dynamic Learning Environment)」を日本国内に広め、導入を促進するため、学校、企業の教育担当者向けオープンセミナーを10月22日から開講すると発表した。

初年度で500名の受講者を見込んでいる。

世界239カ国、700万人以上が利用している「Moodle」は、世界標準のLMS(Learning Management System)であり、MOOC(Massive open online course)(*1)のプラットフォームとしても使われている。

世界的にも、評価が高いOSS(Open Source Softwear)で、日本でも大学、短期大学、高等専門学校などで使われているが、他国に比べるとその普及度、知名度はまだまだ低い。

Moodleは有料LMS以上に豊富な機能を持ち、無償で入手でるLMSで、改良も自由にできるが、その反面OSSであるので、メーカーの保証が受けられず、情報元の多くが英語であることが日本での普及を妨げる大きな要因となっていた。

セミナーは、機能豊富なMoodleを試行錯誤で覚えるのではなく、コース作成者、管理者に必要な技術を系統立てて学べるよう、イーラーニングのMoodle公式資格が設計し、新たに作成したカリキュラムを使用する。

Moodleでコースを作る教師やインストラクター、教材作成者を対象にした「OSSLMS-コースクリエイターコース」が2日間で7万8750円。

Moodleサーバの管理者を対象にした「OSSLMS-管理者基礎コース」が1日で、4万2000円となっている。

1人で両コースを受講する場合は11万250円。価格はいずれも税込み。

(*1)Web上で無料で参加できる大規模講義。ビデオ講義のほかに、知識確認の試験問題やユーザーのコミュニティもある。

関連URL

イーラーニング セミナー情報
イーラーニング 「はじめてのムードル」(ムードルリンク集)

問い合わせ先

イーラーニング
osslms@e-learning.co.jp
電 話:03-5404-3527

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス