1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アクセンチュアほか/慶応大学と「データビジネス創造・ラボ」を創設

2013年9月25日

アクセンチュアほか/慶応大学と「データビジネス創造・ラボ」を創設

アクセンチュアは19日、慶應大学SFC研究所(SFC)、ブレインパッドと共同で、データサイエンティスト育成カリキュラムの構築と先進的なビッグデータの集計・解析手法などに関する共同研究を実施する「データビジネス創造・ラボ」を創設したと発表した。

「データビジネス創造・ラボ」では、「IT、アナリティクス、デザインの融合方法の研究」を主題テーマと定め、研究を行う。

主な研究内容は、「各種データの収集に向けたあるべき情報システムの研究」「データ処理方法などのアーキテクチャ構築の研究」「データ分析手法の研究」「データを組織戦略に活用できる人材の研究」、人材育成の分野では「データサイエンティストの育成」「教育カリキュラムの立案」「ケーススタディ執筆」、ケーススタディでは「非営利・営利組織の事例調査、およびケースの作成」などの研究を行う。

こうした研究を進める背景には、企業や組織が適切な中長期戦略を策定するためには、膨大な量のデータを最適な統計手法を用いて分析して意思決定を行うことが、競争優位を左右する大きな要因となったことがある。

2010年代に入ってからの情報分析領域におけるIT進歩は、この意思決定を支援するだけでなく、新たな知の抽出や価値を創出させるインフラとなりつつある。

また政府は、公共データの民間開放(オープンデータ)として、2013年6月に第2次安倍内閣の新たな戦略として「世界最先端IT国家創造宣言」が閣議決定し、行政が保有する地理空間情報、防災・減災情報、調達情報、統計情報などの公共データを、2次利用可能な形態で民間に開放することを宣言した。

これにより企業は、行政が保有するデータと企業が保有するデータとを相互に結び付け、新たなビジネスや官民協働によるイノベーションの創出を見込んでいる。

アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業。

問い合わせ先

アクセンチュア

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス