1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ワコム/手書きデータを共有できる仕組みを開発

2014年3月3日

ワコム/手書きデータを共有できる仕組みを開発

ワコムは2月27日、ユーザーが作成した手書き「デジタル・インク」データをコンピューターのOSやハードウェア、アプリケーション・ソフトなどの違いを越えて、自在に共有できる仕組みを開発したと発表した。

同技術は、スペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress」でも公表した。

ワコムは、この仕組みを「WILL(Wacom Ink Layer Language)」と名付け、デジタル・インクの新たな業界標準とすべく提唱する。

同時に、さまざまな企業に幅広く提案し、各社の商品、ソフト、サービスなどに、WILLを組み込むためのSDK (Software Developer’s Kit)(*1)を提供する。

(*1) SDK: WILLの「インクデータフォーマット」によって、利用するデジタル・インクのタイプに関わらず手書き筆跡を表現できる。既存のほとんどのプラットフォーム上で一貫したデジタル・インクの表現を提供する「インクエンジン」を有し、種々のグラフィックス・ツールやインク機能を備える。

問い合わせ先

ワコム

 

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス