1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ソフトバンクモバイル/スマホで障がい者の社会生活支援サービス開始

2014年3月26日

ソフトバンクモバイル/スマホで障がい者の社会生活支援サービス開始

ソフトバンクモバイルは24日、障がい者の社会生活を支援するサービス「アシストスマホ」の提供を開始した。

ソフトバンク「アシスト スマホ」

価格は無料。

「アシストスマホ」は、シャープ製の「シンプルスマホ (204SH)」に専用ソフトウエアをダウンロードし、「アシストスマホ」モードに切り替えて利用するサービス。

保護者や支援者が端末の設定や後方支援ができる専用サイトから、位置情報の確認、利用者に応じたホーム画面の変更や利用アプリの選択、メールの定型文作成、徒歩用ナビの目的地設定などが可能になる。

提供開始時はソフトバンクオンラインショップ、特定代理店を通して申し込みを受け付ける。合わせて、「アシストスマホ」相談ダイヤルを開設し、利用検討中の顧客の相談・対応や、購入後の設定や使い方サポート、施設や企業への導入のアドバイスをする。

特定代理店で操作方法などを案内するセミナーも実施する予定。

なお、このサービスは、主に知的障がい者の連絡や行動を支援するサービスとして2013年度厚生労働省「障害者自立支援機器等開発促進事業」に採択されている。

アシストスマホの概要

主な特長:簡単に連絡や報告のメールが作成できる「アシストメール機能」、利用シーンを選び定型文のタッチで簡単に連絡や報告のメールが作成できる機能、目的地の方向と距離を分かりやすく矢印で表示して、移動をアシストする「アシストナビ機能」、目的地までの徒歩ルートを検索し、AR(拡張現実)技術でカメラを通して移動をサポートする機能、利用者の位置情報や、目的地周辺への到着を確認できる「みまもるフェンス機能」などを有する。
利用料金:無料
加入方法:オンラインショップや特定代理店で、端末購入と同時に申し込み
提供開始日:2014年3月24日

問い合わせ先

ソフトバンク

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス