1. トップ
  2. データ・資料
  3. マッシュメディア/LINE利用学生の3人に1人が「退出したいグループあり」と回答

2014年5月7日

マッシュメディア/LINE利用学生の3人に1人が「退出したいグループあり」と回答

マッシュメディアは2日、iPhone情報ニュースサイト「iPhone女史」で、10代~50代のスマートフォンユーザー男女500人を対象に、スマートフォンアプリ利用の実態調査を行い、その結果を発表した。

問い「現在退出したいグループがあるか」

これによると、LINEを利用している割合は全体で68.8%、学生に限定すると88.7%となった。

学生のLINE利用者の中でのグループトーク利用率は89.4%、全体のLINE利用者のグループトーク利用率63.1%と比べると、学生の方が頻繁にグループトークを利用していることがわかった。

学生のグループトーク利用者に対して、「現在退出したいグループがあるか」の有無について尋ねたところ、36.9%が「退出したいグループがある」と回答。全体での割合23.5%を上回る結果となった。

理由として、「誰かが発言するたびに通知が来て落ち着かない(51.9%)」「いつも特定のメンバー同士のみが会話している(38.9%)」「返事しにくいどうでもいい発言が多い(33.3%)」「気の合わないメンバーがいる(29.6%)」「既読をつけると何かコメントしないといけない気がして疲れる(27.8%)」等が挙がった。

関連URL

学生LINEユーザーの3人に1人が退出したいグループ有り。噂の『通知疲れ』とは?(iPhone女史)

調査概要

調査名:スマートフォンアプリの利用における実態調査
期 間:2014年4月11日(金)~13日(日)
対 象:10~50代のスマートフォンユーザー男女500名(各年代100名ずつ)
方 法:インターネットを利用したアンケート調査

問い合わせ先

マッシュメディア

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス