1. トップ
  2. 教育事例
  3. MathWorks/工学院大が研究者・エンジニア向けソフトを全キャンパスで導入

2014年6月26日

MathWorks/工学院大が研究者・エンジニア向けソフトを全キャンパスで導入

MathWorks は24日、工学院大学がサイトライセンスであるTAH (Total Academic Headcount)ライセンスを通じて、MATLAB/Simulinkを導入したと発表した。

MATLAB は、MathWorksが開発した数値解析ソフトウェア。またSimulinkは、モデリング、シミュレーション、解析のためのマルチドメインシミュレーションとダイナミックシステム。

今回、工学院大学が導入したTAHライセンスでは、MATLAB/Simulinkを含む50製品が使用可能となる。

これにより、全ての学生と教職員が研究室や授業など工学院大学全てのキャンパス内で、MATLAB/Simulinkの利用が可能となり、エンジニアリング分野の研究や学生の卒業後のキャリアの手助けとなるとしている。

工学院大学では、私立大学として初の技術者教育プログラム(JABEEプログラム)認定を取得するなど、社会のニーズに応える技術者教育を推進している。

MathWorks は米国に本社を置く、数学的計算ソフトウェアの開発会社。

問い合わせ先

MathWorks Japan
電 話: 03-6367-6700

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス