1. トップ
  2. ツール・教材
  3. エルモ/教育機関向け次世代型無線アクセスポイント

2014年9月5日

エルモ/教育機関向け次世代型無線アクセスポイント

エルモは4日、教育機関向けに次世代型教育用無線アクセスポイント「Interactive Communication Box(愛称「つながるもん」)を、10月14日に発売すると発表した。

つながるもん

「つながるもん」は、複数のICT機器の接続を最適化することで煩雑な配線を減らす(ワイヤレス接続)、次世代型教育用無線アクセスポイント。

無線LANアクセスポイントとして、最大56台の端末が接続できる。さらに、校内ローミング環境も構築でき、校内サーバーのコンテンツや、インターネットのコンテンツ動画などを利用したり、校内ニュースとして情報を一斉配信したりすることが可能。

アクセスポイントとしての使用方法以外に、タブレット端末画面のワイヤレス投影、書画カメラ映像のワイヤレス出力が可能。付属の電子黒板化ソフト「ELMO Interactive Toolbox」を組み合わせると、タブレット端末画面の拡大、描画もできる。

関連URL

エルモ

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス