1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 慶應義塾大学出版会ほか/学術書新刊を冊子体と電子のハイブリッド販売

2014年9月12日

慶應義塾大学出版会ほか/学術書新刊を冊子体と電子のハイブリッド販売

慶應義塾大学出版会、勁草書房、東京大学出版会、みすず書房、有斐閣、吉川弘文館(出版社6社)と、丸善、京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI)は12日、学術・研究機関を対象として学術書の新刊を冊子体と電子書籍のセットにて販売する「新刊ハイブリッドモデル」のサービスを開始すると発表した。

出版社6社と丸善、KMSIの代表者

このサービスは、出版社6社が今後刊行する最新刊の学術書を、冊子体と電子書籍をセットにしたハイブリッドモデルで販売するもので、学術・研究機関を対象にしたサービスとしては国内初だという。

「学術書の新刊を電子書籍で提供してほしい」という学術・研究機関からの要望に応えるとともに、新しい学修環境の確立に向けて、継続的に新刊電子書籍を提供し、コンテンツの拡充を図るもの。

「ハイブリッドモデル」のイメージ図

コンテンツの配信は、慶應義塾大学を幹事校とした8大学図書館の参加による「大学図書館電子学術書共同利用実験」を経て作り上げられたKMSIの電子図書館プラットフォーム「BookLooper」と、すでに約300機関で導入実績のある丸善の電子書籍閲覧サービス「Maruzen eBook Library」を通じて行う。利用者は活用方法に合わせてプラットフォームを選択できる。

電子書籍の購入では、まとめ買いのパターンによって3種類の割引率が設定されている。

関連URL

京セラ丸善システムインテグレーション

問い合わせ先

丸善
学術情報ソリューション事業部企画開発センター
電話:03-6367-6008

京セラ丸善システムインテグレーション
文教ソリューション事業部 文教ソリューション2 課
電話:03-6414-2865

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス