1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 袖ヶ浦高校/情報コミュニケーション科課題研究発表会を20日開催

2014年11月6日

袖ヶ浦高校/情報コミュニケーション科課題研究発表会を20日開催

千葉県立袖ヶ浦高等学校情報コミュニケーション科は、「袖ヶ浦高校情報コミュニケーション科課題研究発表会」を20日に開催する。

情報コミュニケーション科2期生の3年生は「課題研究」という授業で、社会や学校での課題に対し、ICTを使って改善を提案する研究を行ってきた。今回の発表会では、それぞれ異なるテーマの7グループが半年間の成果をポスターセッション形式で発表する。

3年生の課題研究グループテーマ(仮題)は、下記の7つ。

・高齢者が使える緊急メール送信システム
・点字が覚えられるAR機能付きメモ帳
・社会のマナーをゲームで身につける
・プロジェクションマッピングの手法の整理とサンプル展示
・数学学習支援のための動画コンテンツ作成
・食と睡眠の大切さをVineで発信する
・アサーティブコミュニケーションが身につく動画コンテンツとその効果

その他、情報コミュニケーション科3期生(2年生)のテーマ学習発表会を開催する。

情報コミュニケーション科は永野 直教諭の進めるiPad活用教育で知られているが、今回の公開授業は、iPadの学習活用場面を公開する目的の授業公開ではないとのこと。生徒はICT機器を手段として課題解決に取り組んでいるが、特にiPadの利用を義務としているわけではないという。

<プログラム>
13:00〜13:20 受付
13:25〜13:40 開会式・校長挨拶 (会議室)
13:45〜15:00 課題研究発表会(3年)・テーマ学習発表会(2年)
3年 会議室(管理棟1F)
2年 図書室(管理棟2F)
15:00〜15:15 まとめ、講評(会議室)・生徒解散
15:15〜16:00 参加者によるディスカッション・質疑応答

発表会概要

日時 2014年11月20日 13:25〜16:00(受付開始13:00)
場所 千葉県立袖ヶ浦高等学校 [千葉県袖ケ浦市神納530]
参加費 無料
定員 50人(先着順)
申し込み
申し込み終了:2014年11月19日 12時00分まで

関連URL

千葉県立袖ヶ浦高等学校

関連記事

タブレットを用いた授業を取り入れている、千葉県立袖ヶ浦高等学校の授業見学記。 (Z会 寺西隆行)

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス