1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ワオ/感覚遊びを通じて子どもの好奇心を育むアプリ

2014年11月18日

ワオ/感覚遊びを通じて子どもの好奇心を育むアプリ

ワオ・コーポレーションは17日、”親子のコミュニケーション時間を創出する”をコンセプトにした知育アプリ「ワオっち!シリーズ」のラインナップに、感覚遊びを通じて子どもの好奇心を育むアプリ「もっと!あそベビぷらす」を追加した。ダウンロード料金は無料で、アプリ内課金有り。

もっと!あそベビぷらす

「もっと!あそベビぷらす」は、2歳から4歳程度の子どもを対象に、画面をなぞったり、端末を傾けたりと、スマートフォンやタブレットならではの多様な操作で、音や色の変化を体験する「感覚遊び」が行えるアプリ。運筆や工作などの基礎となる、手先を器用に操る力を養うと同時に、自分の行動に伴って様々なものが変化するという体験を通して、好奇心を育むという。

アプリ起動から1タップで遊べるシンプルな操作や、「なぞる」「かたむける」などの楽しい操作など、小さな子どもが使うことを前提に設計している。

対応端末は、iOS5.1以上のiPhone、iPod touch、iPad。Android2.3以上のスマートフォン、タブレット端末。

関連URL

もっと!あそベビぷらす(App store)

もっと!あそベビぷらす(GooglePlay)

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス