1. トップ
  2. ツール・教材
  3. AXSEED/MDM「SPPM2.0」、閉域網でのWindows8.1管理に対応

2015年4月7日

AXSEED/MDM「SPPM2.0」、閉域網でのWindows8.1管理に対応

AXSEEDは2日、自社開発のIPプッシュ「A-Push」サーバとWindows Open MDMを連携させることで、MDM「SPPM2.0」を、完全な閉域網環境でのWindows8.1端末の管理に対応したと発表した。

「SPPM2.0」によるWindows 8.1端末管理 イメージ

これまでWindows Open MDMの制御にはMicrosoft社のWNSプッシュサーバとの連携が不可欠で、閉域網でのMDMによる管理は実現できてなかった。

今回の機能連携により、WNSプッシュに依存しない「A-Push」と組み合わせて利用することで、閉域網環境でもWindows8.1端末の管理が可能となった。

完全閉域網でのWindows8.1端末の管理機能と企業の独自業務アプリ用IPプッシュの同時提供は、世界で初めてだという。

関連URL

AXSEED

問い合わせ先

AXSEED

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス