1. トップ
  2. ツール・教材
  3. MDMシステム「SPPM2.0」がAndroid 6.0に対応

2016年3月7日

MDMシステム「SPPM2.0」がAndroid 6.0に対応

AXSEEDは、モバイル端末管理システム「SPPM2.0」が、15日からAndroid 6.0に対応すると発表した。

Android OSの最新版Android 6.0(Marshmallow)では、OS仕様変更によってトップ画面で稼働するアプリ情報の取得が不可能となった。これによって従来の“トップ画面で稼働するアプリ情報をチェックして制御する”という方法では利用アプリ制限ができなくなった。

今回の対応は、「SPPM2.0」の利用アプリ制限の方法を大幅に変更し、複数の方式で対応するというもの。

これによって、リモート・ロックやリモート・ワイプだけでなく、利用アプリ制限を含むSPPMの機能をAndroid 6.0が搭載された端末でも利用でき、従来のAndroid OS端末と同様の制御・管理が可能となる。

「SPPM2.0」は、Android、iOS、Windowsの3OSの統合管理が可能なMDMシステム。

関連URL

SPPM

問い合わせ先

AXSEED

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人 大多和学園 開星中学校・高等学校 すらら×CBT入試
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス