1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本マイクロソフト/ビデオ通話交流授業の活用支援プログラムを公開

2015年4月22日

日本マイクロソフト/ビデオ通話交流授業の活用支援プログラムを公開

日本マイクロソフトは20日、インターネットを利用したビデオ通話交流授業「Mystery Skype」の活用支援プログラムを公開した。

「Mystery Skype」は、2カ国の教室間をSkypeで接続し、子どもたちが英語でヒントを出し合って、お互いの国を当てるという交流学習。マイクロソフトが提供するSkypeのビデオ通話機能を利用した交流授業「Skype In The Classroom」のひとつ。

「Skype In The Classroom」のWebサイトに会員登録すると、「Mystery Skype」で交流先の教師を見つけられる。他国の教師と協力しながら授業を実施し、文化交流を通して地理、歴史、言語、数学、理科などの勉強にもつなげることができるという。

日本マイクロソフトは、CCC PROJECTやヤマハ、EDUPEDIAなどとともに、小中高等学校への活用支援を行う。

5月末に国内事例の第一弾を公開し、夏休みには教員研修を開催する予定だという。

関連URL

「Mystery Skype」活用支援プログラム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス