1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DJI、日本マイクロソフト、NSWの3社が建築物の外壁調査で協業

2019年1月31日

DJI、日本マイクロソフト、NSWの3社が建築物の外壁調査で協業

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、日本システムウエア(NSW)の3社は30日、人手に頼っている建築物の外壁調査に関して、民生用ドローンとAI技術を活用した「建築物メンテナンスサービス」の開発で協業すると発表した。

0131-dji今回の協業では、DJIのドローンと空撮技術力、NSWのDeepLearningを活用したAIソリューションと日本マイクロソフトのクラウドプラットフォームという3社の強みを生かしたサービスを開発することで、建築物の外壁調査業務の効率化を推進していく。

同協業で、NSWは、AIソリューション「ToamiVisionシリーズ」のひとつ「CrackVision(クラックビジョン)」を用いて、DeepLearningで建築物のひび割れを判定するAIエンジンの作成とクラウドシステムの構築を行う。

また、DJI JAPANは、ドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場での作業手順、データ分析など専門的なトレーニングプログラムを体系的に受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を昨年9月に開設し、ドローン操縦者の業務支援を行っている。今回の外壁調査でも、ドローン操縦者向けトレーニングカリキュラムを提供する予定。

一方、日本マイクロソフトは、AIとマシンラーニングでの技術をドローンに活用するグローバルな戦略的パートナーシップをDJIと締結している。

今回の協業では、日本での第1弾のプロジェクトとして、NSWの持つAIエンジンとともに建築物の調査業務の実用化に向けた実証実験を行い、その基盤としてパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を提供している。

すでに3社は、同サービスの実証実験を実施し、ドローン撮影した建築物の全体画像を3Dモデル化し、AIで自動抽出したひび割れ個所を3Dモデルに重ねた損傷図を作成するシステムを構築して検証。実験結果として、ドローンの撮影画像から一般的なひび割れの許容範囲といわれている0.2mm幅相当のひび割れ箇所を検出することができた。

関連URL

DJI JAPAN

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人 大多和学園 開星中学校・高等学校 すらら×CBT入試
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス